[ローカルに生きる人たちを写真でつなぐ Mc101]

2017/02/25 福島交通飯坂線

世代交代を進めようとしている福島交通飯坂線ですが、以前3両編成で運転していた7111Fは1月ごろに中間の7316が先に廃車となり、しばらく7111-7212の2両で運転していました。そして2月25日、福島駅10時12分発桜水行29列車で運転を終了しました。基本的に、1編成ずつに対して引退イベントを行うのは全国レベルでもあまり例がないことなのですが、そこは会社として自社の車両を愛する姿勢の現れと解釈しています。多くの人が見送っていました。

[福島交通飯坂線医王寺前~花水坂間] 12列車、7111F
[福島交通飯坂線医王寺前~花水坂間] 16列車、7105F
[福島交通飯坂線桜水駅] 1107F?
[福島交通飯坂線桜水駅] 23列車、7111F
[福島交通飯坂線飯坂温泉駅] 24列車、7111F、後ろ右から(最後の飯坂温泉駅停車中)
[福島交通飯坂線飯坂温泉駅] 24列車、7111F、前から(最後の飯坂温泉駅停車中)
[福島交通飯坂線飯坂温泉駅] 24列車、7111F、後ろ左から(最後の飯坂温泉駅停車中)
[福島交通飯坂線福島駅] 29列車、7111F、後ろから(最後の福島駅停車中)
[福島交通飯坂線桜水駅] 7111F、最後の営業運転終了後、一旦平野方に引き上げて折り返し、電留線へ向かう
[福島交通飯坂線桜水駅] 7111F、一旦電留線に収まり、すぐに折り返し車庫に向かう準備中
[福島交通飯坂線桜水駅] 7111F、車庫に半分収まった状態で停止し、この後、パンタを下しました。